もうすぐバレンタイン。ドクター向け義理チョコ選びのポイント。 ブランドじゃないねん。キーワードは小包装。

スポンサーリンク

1月中から店にはチョコが並びまくってますね。
もうすぐバレンタインです。

エラそうなタイトルですいません。
研修医の頃から毎年頭を悩ませ、送る側・貰う側を何度も経験させて頂き、
最近自分の中で結論が出たので発表させてください。
あくまでも私の個人的な意見です。

学生の頃は今年はカレにどんなチョコを渡そうかななんてドキドキわくわくしてましたが、
働き始めてからは単に気を遣うだけのこのイベント。
貰う方もたいして嬉しそうでもないのに、
渡さんかったら渡さんかったでなんか気ぃ利かんヤツみたいやし。
女医さんって男側になるのか、看護師さんたちからなんぼか貰ったりもするこの微妙な感じ。
旦那は旦那でわんさか貰ってくるからホワイトデーにはまたお返し買いに行かなあかんし。
なんて面倒な行事なんやろう。

そんな私の独断と偏見で職場のドクターにこういうチョコはどうでしょうというお話です。
変わり者と言われている私の意見なので、みんながみんなに当てはまらないと思いますが
そんなこと考えている人もいるんやなと思って笑って読んでもらえたら嬉しいです。

まず、ドクター(男)はバレンタインにはチョコレートをもらいまくります。
ほんで、もらったやつを消費するのって大変なんです。
チョコが好きな人はいいんですよ。
ほんでもみんながみんなチョコレート好きなわけじゃぁないんです。
ここ大事なポイントです!

貰うチョコレートのよくあるパターンは、
病棟、外来、手術室、検査室などの看護師さんや技師さん達からその科の先生たち(又は個人)にドーン!
大体そういうのはちっちゃいチョコの詰め合わせなんです。
モロゾフとかメリーとか。
こういうの。

美味しいねんで。見た目も可愛いし。ええねん。ほんまにありがたいねん。
貰う側が文句言ったらあかんのは百も承知です。感謝してます。
これ以上は気ぃ悪いわという人はもう読まんでください。

ほんでも、これが5箱、6箱って医局に積んであると・・・
4個とかちっさいやつでも、これが自宅の冷蔵庫に5箱、6箱ってあると
あまり・・・食べる気が・・・・しないんですよね。
一箱空けても、まだあるで。。。
ってなるんですよね。
もっかい謝っとこ。すいません。感謝はしてるんです。気持ちはめっちゃ嬉しいんです。

ほんで、これってちょっと食べにくいんです。
裸でチョコ持つと手ぇ汚れるし。
それに私らの手って通常の人以上に汚いじゃないですか?
汚い手で直に食べ物を持ちたくないというのもあるし。

なので、私のおすすめは小包装してあるやつです。
こういうの。

中身はたいして変わりないんですが、直接手で持たなくていいってとこがポイント。
なんやったらキットカットでええと思う。
いや、キットカットがええな。もらったことないけど。
白衣のポッケに入れられて、外来の合間とか小腹が空いた時にちょろっと食べられるみたいな。
変な凝ったブランドもんなんかよりずっといいと思う。
最近、色んな味出てるし、こんなんの方が絶対食べやすいし嬉しいと思うんですが、どうでしょう。

私だけやったらほんまにすいません。
でもこう思っているやつもいるというご参考にして頂ければ。

ちなみに去年私が利用した義理チョコはこれです。
BBA女医から医局の男の先生たちに。予算は一人約1000円です。
ご参考になれば。

スポンサーリンク

よければクリックお願いします。励みになります。
医師ランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です